ようこそキッチュ・ザ・ハニーへ♪ 初回会員登録で500ポイントプレゼント中!
会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
店長:Rinko
●facebookやっとります
 
♪よろしくです♪

●お問合わせはこちらからどうぞ →【問い合わせフォーム】←

フリーページ
rss atom
【定型外郵便可】3Dで飛び出す!聖母マリア像
アクリル板・縦:約34.4cm×横:約24.6cm
写真では表現できていませんが、マリア像は立体的に見えます。

立体的なマリア像!天使の羽の変化にご注目♪

マヤ・アステカ等の古代文明発祥の地メキシコは、スペインに植民地化された後、 革命により独立しました。
グアダルーペの聖母マリア像はメキシコの宗教的シンボルですが、褐色の肌のマリア像として 民族的な意味も持っています。
以下、褐色のマリア像の奇跡の物語です。

    ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

スペイン人コルテスによるメキシコ征服の後、メキシコ先住民達は続々とキリスト教に改宗 させられていました。
あるインディオの青年が、丘の麓を通りかかると、彼の母語のナワトル語で彼を呼ぶ声が聞こえました。
声にひかれて丘に登った彼の前に現れたのは、褐色の肌に黒い髪の少女です。
少女は「私は聖母マリア。この場所に教会を建てて下さい。街に行き、司教に私の願いを伝えるように」と 言いました。
彼は司教に、自分が見聞きしたことを伝えましたが、スペイン人司教は、一介の先住民の話など信じず、 「証拠をもってこい!」と一点張り。
困り果てた青年の前に、その日の晩、聖母が現れこう言いました。
「丘に戻り、そこに咲いている花を摘んで行って、司教に見せなさい。それが証拠です」
12月の寒い時期です。花なんて咲いているばずがありません。
疑いながらも、青年が言われた通り丘を訪れると、そこには、聖母の言う通り、 一面にバラの花が咲いていたのです。
彼はそれを摘んで自分のマントに包み、司教の目の前でマントを開きました。
すると、マントの表面には、なんと、彼が見たとおりの聖母の姿が描かれておりました。
褐色のマリア様の奇跡が起きたのです。



・ 販売価格

480円(内税)

・ 購入数

クイック購入